盛り上がる二次会・ビンゴの景品なら景品スタイルへ > 2次会の上手な進め方 > 二次会プランナーブログ > 写真を上手に使った写真アイテム演出

結婚式2次回の上手な進め方を伝授!

写真を上手に使った写真アイテム演出

写真を使った演出は、アイディア次第でいろいろアレンジできる、いちばん手軽な演出法です。

インスタントカメラやデジタルカメラがあれば、受付で撮影したゲストの写真にメッセージを書いてもらったり、挙式や披露宴の模様をデジタルフォトフレームで公開することもできます。

また、新郎新婦の馴れ初めを写真で紹介したり、ゲストから新郎新婦の写真を提供してもらい、会場に展示しても喜ばれます。

写真集めに手間はかかるものの、予算がかからない演出法です。

ウエルカムボードやペーパーアイテムに写真を入れて構成してもいいでしょう。

 

メッセージを添えたインスタントカメラ写真

受付時にインスタントカメラでゲストを撮り、写真の余白にメッセージを書いてもらいます。

ウエルカムボードやゲストブックに貼っていけば、ゲストの顔ぶれがわかり、楽しめます。

デジタルカメラの場合は、プリンターを用意。

 

 

二人を知ってもらえるように新郎新婦の写真を飾る

会場のいたるところに新郎新婦の写真やアルバムを飾り、二人のことを紹介。

待ち時間や歓談中などに、二人の結婚に至るまでの様子をゲストに楽しんでもらえ、祝福ムードも高まります。

新郎新婦が写真を用意するため、早めに依頼を。

 

懐かしい思いがよみがえるゲストの写真を展示

新郎新婦の学生時代、幼いころの写真などをゲストに提供してもらい掲示。

懐かしい思いがよみがえり、和やかな雰囲気つつまれます。

新郎新婦も、お互いの知らない一面を見ることができるので喜ぶはずです。

二次会の案内をするときに、写真の提供をゲストにお願いし、エピソードなども添えてもらうとベスト。

 

 

二次会からの参加ゲストに挙式の写真を公開

挙式や披露宴の様子をデジタルカメラで撮影し、パソコンに取り込み、スクリーンやデジタルフォトフレームで流す演出。

披露宴に出席した人にも二次会から出席の人にも目を引きます。

スクリーンに映す場合は、司会がナレーションし、新郎新婦へのインタビューをはさむといいでしょう。

 

会場全体がひとつになる全員で記念撮影

二次会の終わりに新郎新婦とゲスト全員で記念撮影をすれば、心に残る演出になります。

会場の協力が必要なのであらかじめ確認を。

すぐにプリントアウトし、プチギフトとして新郎新婦からゲストに贈るのもおすすめです。

この商品の
カテゴリー

更に幹事様をサポートしてくれるコンテンツはこちらから

  • 幹事様必見!盛り上がる景品はこう選べ!
  • プロのプランナー直伝!2次会までの段取り
  • これは抑えてください!2次会雑学
  • 楽しい!盛り上がる!景品スタイル店長矢嶋の「景品あれこれブログ」
  • 結婚式2次回の上手な進め方を伝授!
  • 盛り上がる系?協力系?2次会ゲームのご提案
ページトップへ