いつもお使いのAmazonアカウントでお支払が出来るようになりました

>年末年始のご注文に関しまして

盛り上がる二次会・ビンゴの景品なら景品スタイルへ > 2次会の上手な進め方 > 二次会プランナーブログ > 司会は何からはじめたらいい?

結婚式2次回の上手な進め方を伝授!

司会は何からはじめたらいい?

進行表を把握して新郎新婦に取材

●二次会のスタイルについて幹事と打ち合わせ

司会と幹事は進行表をもとに、細かな打ち合わせをしていきます。

スピーチや余興をお願いする人の氏名や会社名、ゲームやサプライズの内容、時間配分など、それぞれの項目について不明な点がないように確認しましょう。

細かな点のチェックもさることながら、二次会のスタイルの確認も重要です。

ハイセンスなパーティーにしたいのか、アットホームで和やかな会にしたいのかなど、新郎新婦の意向に添えるよう、十分に打ち合わせをしておきましょう。

 

 

●新郎新婦のことをだれよりも知っている存在に

新郎新婦のことをゲストに伝えるのは司会者の役割。

生年月日から家族構成、出身地、生い立ち、趣味、現在の仕事や人柄など、細かく取材しておきましょう。

友人としてすでに知っていることもあるでしょうが、間違って記憶していることや勘違いもありがちです。

再確認の意味も含めて、もう一度本人たちに聞いておくようにしましょう。

ふたりの出会いや第一印象、交際中のエピソードなども掘り下げて取材しておくこと。

ふたりのことをだれよりもよく知っている司会者は、心の通ったメッセージを伝えることができるはず。

可能であれば、新郎新婦に取材するときは、幹事も一緒に同行すると、情報を共有できるのでベストです。

 

 

新郎新婦への取材項目

<ふたりのこと>

台本を作るうえで新郎新婦の情報は欠かせません。

ネタは多いほうが困らないので、新郎新婦それぞれに細かく掘り下げて聞くようにします。

ただし、ふせておきたいことがある場合は、そのことにはふれないよう注意が必要です。

□名前(フルネーム)・生年月日・出身地

□ふたりが出会った時期と場所

□そのときの相手の第一印象

□付き合いはじめた時期ときっかけ

□印象的なエピソード

□結婚を意識しはじめた時期と決め手

□プロポーズの場所と言葉

□趣味や特技

□現在の職業

□相手の一番好きなところ

□相手に直してほしいところ

□どんな家庭を築きたいか

□お互いの呼び名

<二次会のこと>

幹事が進行表を作るときに、すでに新郎新婦の意向を聞いていますが、確認をする意味でも新郎新婦に取材しておきましょう。

□どんな二次会にしたいか

□ゲストの顔ぶれ

□いちばんこだわりたいところ

□イベントでやりたいこと・やりたくないこと

□乾杯の音頭をとる人の名前と新郎新婦との関係

□余興などを頼んでいる人の名前と新郎新婦との関係

□インタビューなどをしたときにノリのいい友人

□避けてほしい話題

□司会者として自分に求めること

 

この商品の
カテゴリー

更に幹事様をサポートしてくれるコンテンツはこちらから

  • 幹事様必見!盛り上がる景品はこう選べ!
  • プロのプランナー直伝!2次会までの段取り
  • これは抑えてください!2次会雑学
  • 楽しい!盛り上がる!景品スタイル店長矢嶋の「景品あれこれブログ」
  • 結婚式2次回の上手な進め方を伝授!
  • 盛り上がる系?協力系?2次会ゲームのご提案
ページトップへ