景品スタイル > ブログ > ビンゴ景品ブログ > デジタルカメラも景品におすすめ

楽しい!盛り上がる!景品スタイル店長矢嶋の「景品あれこれブログ」

デジタルカメラも景品におすすめ

2019年8月21日

 

忘年会や新年会、結婚式の二次会など、様々なイベント会場で景品を渡すこともあると思います。
何もないより、何でもいいので景品があれば、会場の盛り上がり度は違ってくるのではないでしょうか。

景品スタイルでは人気の製品を多数取り揃えていますので、ホームページをチェックしてみてください。
ここでは景品としておすすめの、デジタルカメラを紹介します。

 

・「DSC-RX100M5A」

景品として最適な商品は様々ですが、デジタルカメラもゲストから人気があります。
一口にデジタルカメラといっても様々なものがあり、そのひとつがこちらの「DSC-RX100M5A」です。

デジタルカメラと言えばキヤノンやニコンなどの老舗カメラメーカーをイメージする人も多いかもしれませんが、ソニーの製品も景品として最適ではないかと思います。

「DSC-RX100M5A」はソニーが手掛ける1インチコンデジ、「サイバーショット RX100」シリーズでは6代目になるもので、最新モデルとして話題になっています。
5代目の「DSC-RX100M5」が搭載している、広角24mmから望遠70mmに対応した、光学2.9倍ズームも搭載しているんですよ。
その他に、画像処理エンジンである「BIONZ X」を、これまでの約1.8倍にも高速化した最新バージョンにリニューアルしているのも見逃せません。

従来のカメラと比べて、画質やAFなどの基本性能がさらに向上しているんですよ。
さらに、バッファーメモリーが大容量化されているのも特徴であり、より使いやすくなっています。
デジタルカメラを景品に考えている方は、「DSC-RX100M5A」を選んでみてはいかがでしょうか。

 

・「PowerShot G7 X Mark II」

次に紹介するのは、こちらキヤノンの「PowerShot G7 X Mark II」で、光学4.2倍ズームレンズなどを搭載しているのが特徴です。

2016年4月に発売されて以降、デジタルカメラ関係の売れ筋ランキングでは常に上位をキープし続けているという人気ぶりです。
コンパクトなボディに加え、バランスに優れた性能を搭載していることもあり、ユーザーからも高い評価を得ています。

ちなみにレンズには広角24mmから望遠100mmの、光学4.2倍ズームレンズを採用しており、どのようなものでもよりキレイな撮影を期待できると評判です。
手ブレ補正については、デュアルセンシングISに対応していることから、4段分の補正効果を発揮してくれるのです。
デジタルカメラはキヤノンと決めている方は、こちらのタイプを選んでみるのもいいと思います。

 

・「DSC-RX100M6」

景品におすすめのデジタルカメラ、最後はソニーの「DSC-RX100M6」です。

「DSC-RX100M6」は、サイバーショット RX100シリーズの中では最も高倍率な、光学8.3倍バリオ・ゾナーTレンズを搭載としているのが特徴です。
バッテリーやメモリカードを含んだ重量は約301gと、小型と軽量化の両方の実現に成功しました。

スポーツをはじめ飛行機や鉄道など、望遠域を活用した動体撮影を希望している方におすすめの逸品と言えます。
二次会やパーティー会場などにソニーの「DSC-RX100M6」があれば、多くのゲストから喜ばれることと思います。

ソニーのデジカメは高機能のものが多いので、選びがいがありますよ。
景品として、ソニーのカメラを選択してみてはいかがでしょうか。

景品には様々なものがありますが、デジタルカメラも人気製品のひとつです。
ここでも様々なデジタルカメラを紹介していますので、景品選びの参考にしてみてくださいね。
また、その他にも魅力的商品がありますので、遠慮なく景品スタイルまでお問い合わせください。

更に幹事様をサポートしてくれるコンテンツはこちらから

  • 幹事様必見!盛り上がる景品はこう選べ!
  • プロのプランナー直伝!2次会までの段取り
  • これは抑えてください!2次会雑学
  • 楽しい!盛り上がる!景品スタイル店長矢嶋の「景品あれこれブログ」
  • 結婚式2次回の上手な進め方を伝授!
  • 盛り上がる系?協力系?2次会ゲームのご提案
ページトップへ