景品スタイル > ブログ > 二次会プランナーブログ > Google Nest Hubでイベント会場を盛り上げましょう!

楽しい!盛り上がる!景品スタイル店長矢嶋の「景品あれこれブログ」

Google Nest Hubでイベント会場を盛り上げましょう!

パーティーや結婚式の二次会などでは様々なイベントで景品争奪戦が盛り上がりますよね。
幹事としては「どのようなものを選べば会場が盛り上がるのか?」など、商品選びに苦労してしまうこともあると思います。
そんな時は、多くの景品を取り扱いしている、景品スタイルまでお気軽にご相談ください。
ここでは景品スタイルおすすめの「Google Nest Hub」を紹介します。

 

・「Google Nest Hub」について

 
パーティーなどのイベントでは様々な種類の景品を見かけることがありますが、せっかく用意するのであれば、ゲストが喜んでくれるようなものを用意したいと思っている幹事さんも多いはず。
そんな幹事さんにおすすめしたいのが「Google Nest Hub」であり、家庭やオフィスなど、様々な場面で活躍してくれます。
こちらは7型のディスプレイを装備したスマートスピーカとディスプレイであり、日本でもいよいよ発売されるようになりました。
日本での登場を、首を長くして待っていたファンも多いのではないでしょうか。

今回の「Google Nest Hub」は、これまで海外で人気であった「Google Home Hub」という製品のブランドを変更したものになります。
Google Home Hubにディスプレイを搭載しているのが特徴であり、これにより音声はもちろんタッチ操作にも対応できるようになったのです。
Google Nest Hubは、検索した結果をはじめ、写真や動画などをディスプレイにそのまま表示できるのが嬉しい点だと言えます。
7型のディスプレイの解像度は1,024×600ドットであり、ディスプレイ自体は斜めに固定されていることもあって角度の変更はできませんが、その分、使い勝手が多いので人気があるようです。
また、無線LANはIEEE 802.11b/g/n/acに準拠、さらにBluetoothにも対応していることから、パソコンやスマートフォンなどと接続すれば、Bluetoothスピーカーとしても利用できます。
操作するボタン類は背面にまとめられているのも特徴であり、初めての方も操作がやりやすいのではないかと思います。

 

・すぐに残り時間を把握できるタイマー機能が便利

 
景品スタイルでは数多くの製品を提供していますが、その中でも現在とても多くの人気を獲得しているのがこちらの「Google Nest Hub」です。
上記でもその魅力をお伝えしましたが、もうひとつぜひアピールしたいものがあります。
それが便利なタイマーです。
基本的な操作方法については、Google Homeシリーズとそう大差はありませんが、タイマー機能は非常に助かります。
Google Homeにもタイマー機能はあるのですが、タイマー設定中の残り時間を把握するには、「今何分?」などと聞く必要があるのです。
その一方、Nest Hubはタイマーを設定するだけで、常に残り時間が画面に表示されるんですよ。
タイマーを複数設定した時は1画面に2つ、さらに画面をスライド操作すれば3つ以上のタイマーも確認できるのです。

 

・Google Nest Hub Chalk

 
Google Nest Hubは景品として注目を集めていますが、関連商品としてはこちらの「Google Nest Hub Chalk」も見逃せません。
こちらの製品は、Google フォトよりいつでも最新ベストショットを表示できるのが特徴です。
また音声コマンドだけで、 YouTube で流れている動画や YouTube Music の音楽などを、高音質のスピーカーで視聴できます。
イベント会場に、Google Nest Hub Chalkがあれば、さらに会場は盛り上がることでしょう。

景品を選ぶ際のポイントはいくつかありますが、「Google Nest Hub」などの人気製品を選ぶのもひとつの方法です。
一家に一台、Google Nest Hubがあれば重宝すること間違いありません。
景品スタイルでは様々な製品を取り扱いしていますので、おすすめ情報や人気製品など、お気軽にお問い合わせください。

更に幹事様をサポートしてくれるコンテンツはこちらから

  • 幹事様必見!盛り上がる景品はこう選べ!
  • プロのプランナー直伝!2次会までの段取り
  • これは抑えてください!2次会雑学
  • 楽しい!盛り上がる!景品スタイル店長矢嶋の「景品あれこれブログ」
  • 結婚式2次回の上手な進め方を伝授!
  • 盛り上がる系?協力系?2次会ゲームのご提案
ページトップへ