景品スタイル > ブログ > ビンゴ景品ブログ > 大型家電製品を景品にする際に注意することは?

楽しい!盛り上がる!景品スタイル店長矢嶋の「景品あれこれブログ」

大型家電製品を景品にする際に注意することは?

2019年10月11日

 

イベントで景品を用意すると、会場に参加したゲストから喜んでもらえます。
景品には様々なものがありますので、その中からみなさんが満足できるものを選ぶことが大切です。
景品スタイルでも、魅力的な製品をホームページに掲載していますので、興味がある方はご覧ください。
さて、今回はその景品で、冷蔵庫や洗濯機などの大型家電を選定する際の注意点について紹介します。

・持ち帰りについての配慮を

パーティや二次会などのイベントで、参加したゲストのみなさんから喜んでもらうため、冷蔵庫や洗濯機、ホームシアターなどの大型の家電製品を選定する場合もあるでしょう。
パーティや二次会会場にそのような大型家電製品があると、会場の雰囲気がよくなることはもちろん、参加したゲストの気持ちも高揚するはずです。
何としても冷蔵庫やホームシアターをゲットするために、ビンゴゲームなどに熱中することでしょう。
そうなると会場全体が盛り上がり、楽しい時間を過ごせるのではないかと思います。
それはそれでいいのですが、問題はその後にあります。
冷蔵庫やホームシアターを見事にゲットしたのはいいのですが、それをどうやって持って帰るかです。
車やタクシーなどがあればまだいいですが、電車やバスなどの公共の乗り物で参加しているゲストも多いはず。
景品に大型の家電製品を選定する際は、その点の配慮も必要です。
対策としては様々なものがありますが、おすすめは「目録」で、これなら持ち運びの心配を払拭できます。
景品スタイルでも大型の家電製品などは目録にできますので、お気軽に相談してくださいね。

 

・大型のパネルで演出する

冷蔵庫や洗濯機などの大型家電製品を景品として選定する際は、持ち帰りのことを考えて目録にすることをおすすめします。
大型の家電製品をその場で渡すと持ち帰りが大変ですが、目録であれば、後日に郵送という形を取れます。
しかし、冷蔵庫やホームシアターが会場に無く、「この景品が当たりました」と司会者がいくら言ったところで、現物が無ければ会場の盛り上がりに欠けてしまいます。
実際に現物がありませんので盛り上がりませんし、また、演出のために箱詰めされたものを開封し、その時だけ出してみ見せるのも、いただく側に取っては決して快くはないでしょう。
そういった時に便利なアイテムが目録なのです。
もちろん目録と言っても文字だけですので、目の前に現物が無いのには変わりありません。
そのため「この製品が当たりました」と言われても、イマイチ盛り上がりに欠けますので、そこに写真付きのパネルを演出として用意するのです。
テレビのクイズ番組などで見る、大型のパネルをイメージするといいでしょう。

 

・目録を作る際の注意点

大型の家電製品は目録を作るのがベストな方法であることは分かりましたが、実際に作成する時は注意する点もあります。
ただ単に目録を作るのではなく、この商品が欲しいと思わせるような雰囲気を醸し出すことが大切です。
あくまで景品ですので、ただ品物の箱だけを置いておくのではなく、そうかといってキレイな包装をして中身を取り出すのもおすすめできません。
目録を作成する際は、インターネット上にある同製品の写真や、同じ型の写真を探してパネル用にプリントして作るといいでしょう。
また、全く同じタイプの写真などを見つけるとことができなかった時は、それに近いもので構いません。
たとえ後日に郵送するものであっても、視覚的にどのような製品であるのかが分かると、それだけでも会場の盛り上がり度は違ってくるものです。

パーティや二次会などのイベント会場で、冷蔵庫や洗濯機、ホームシアターなどの大型の家電製品を景品に選ぶこともあるでしょう。
その場合、持ち運びのことを考えて準備する必要があります。
大型の家電製品は持ち帰りが大変ですので、目録を作成することをおすすめします。
景品スタイルでも目録付きの景品を用意していますので、遠慮なくお問い合わせください。

更に幹事様をサポートしてくれるコンテンツはこちらから

  • 幹事様必見!盛り上がる景品はこう選べ!
  • プロのプランナー直伝!2次会までの段取り
  • これは抑えてください!2次会雑学
  • 楽しい!盛り上がる!景品スタイル店長矢嶋の「景品あれこれブログ」
  • 結婚式2次回の上手な進め方を伝授!
  • 盛り上がる系?協力系?2次会ゲームのご提案
ページトップへ