いつもお使いのAmazonアカウントでお支払が出来るようになりました

盛り上がる二次会・ビンゴの景品なら景品スタイルへ > 2次会の上手な進め方 > 二次会プランナーブログ > 二次会幹事を頼まれた!会場選びはどうする

結婚式2次回の上手な進め方を伝授!

二次会幹事を頼まれた!会場選びはどうする

 
 
結婚式の二次会で幹事を頼まれると、司会進行やゲームの準備などのほかに会場選びも行う場合があります。今回は、二次会の会場を探すときに役立つさまざまな情報をご紹介します。これから結婚式の二次会に向けて準備を行う幹事の方は、ぜひご参考ください。
 

まずはパーティーのコンセプトを明確に!

 
会場選びをスムーズに行うために、まずはパーティーのコンセプトを決めます。結婚式当日の主役は新郎新婦です。どういった雰囲気の二次会にしたいか、ふたりの意見を聞いてみましょう。

パーティーのコンセプトによって、ふさわしい会場は変わります。例えば、カジュアルな雰囲気のパーティーにしたいなら、ゲストが歓談しやすい会場が適しています。座席移動がしやすい会場や、立食スタイルができる会場などが良いでしょう。

また、非日常感満載のラグジュアリーなパーティーにしたい場合は、会場も豪華なところを選びます。食事の内容や会場の内装など、見栄えにこだわれる会場が良いでしょう。

 
 

お店の規模は重要! 下見もしっかり行おう

 
結婚式の二次会は、気兼ねなくお祝いできるよう貸し切りできる会場がおすすめです。飲食店やパーティー会場によって貸し切り可能な人数は異なります。参加者数が決まる前に店を予約する場合は、ある程度集まりそうな人数を予測しておきましょう。

また、会場を予約する前に下見に行っておくのも大切です。参加者が余裕をもって入れるかどうか確認しましょう。席どうしの間隔が狭いと、移動しにくく大変です。

下見では会場の隅々からフロアを見渡してみてください。座る位置によっては、柱や置物などによって視線がさえぎられてしまいます。司会者や新郎新婦が見えない席が出ないよう気をつけましょう。

意外と見落としがちなのが入り口です。名簿を確認したり会費を受け取ったりするのに受付スペースが必要となります。入り口がつかえて混雑しないよう、スペースを確保できるか確認しましょう。

二次会が始まったら、ゲームの際に景品をディスプレーすることもあるでしょう。そのときのスペースも考えておきます。景品をサプライズで用意したいなら、隠し場所も準備しておきます。

また、会場によってはトイレの数が人数に対して少ないこともあります。トイレの数が足りるかどうかはしっかり見ておきましょう。
下見に行った際は、当日に支払う費用の見積もりを出してもらいましょう。会費の設定にかかわるため、予算を組んでおくのは大切です。

 
 

アクセスしやすい会場を選ぼう!

 
新郎新婦は着替えに時間がかかるため、二次会会場への到着が遅れがちです。二次会の場所が式場から近ければ、ふたりの到着がはやくなります。ほかの参加者よりも前に会場に着いておきたい幹事も、移動が楽になるでしょう。

ただ、式場から近く、二次会に最適な会場は人気があります。直前で予約しようとしても、ほかのグループに先を越されているかもしれません。会場はできるだけはやく決め、予約しましょう。

また、二次会は式や披露宴に出ていないゲストも参加する可能性があります。途中参加者も来やすいよう、アクセスの良い会場がおすすめです。駅やバス停、タクシーを拾いやすい大通りなどから近い場所を選びましょう。

アクセスの良い会場は帰宅時にも便利です。結婚式の帰りは引き出物や二次会の景品で荷物が増えがちです。重い荷物を持って歩く時間ができる限り短くなるように配慮しましょう。

 
 

やりたいことに応じて、必要な設備がある会場を探そう!

 
二次会でやりたい余興がある場合は、それにどういった設備が必要になるか事前に確認し、設備が充実している会場を探しておきましょう。

ビンゴゲームや演奏などの余興をしたいならステージや照明、音響機器などが完備されている会場がおすすめです。光や音で演出することで、余興も大いに盛り上がるでしょう。派手な演出の予定がなくとも、大人数の場合や広い会場ならマイクがあると便利です。

二次会でムービーを流したい場合は、プロジェクターやスクリーンが必須です。最近ではカフェや居酒屋などでも貸出をしている店舗があります。ただ、貸し切りでないとプロジェクターの使用ができない会場もあるため注意が必要です。

また、パーティーが頻繁に行われる会場では、シャボン玉やシャンパンタワーなどを用意できることがあります。華やかな演出ができるため、二次会にはうってつけです。別料金がかかることもあるので、借りる際は料金がいくらになるか聞いておきましょう。
 
 

おわりに

 
二次会の会場を選ぶときには、できる限り当日の雰囲気や流れを決めておきましょう。
どんなパーティーにするか決まったら必要なものをリストアップしておくことがポイントです。ただ、条件が多すぎると会場の選択肢が狭まってしまうこともあります。どうしてもゆずれない条件と妥協しても良い条件は、あらかじめ決めておくのをおすすめします。
楽しい二次会を行うには準備が大切です。当日までにできることは早めに済ませ、落ち着いた状態で二次会に臨みましょう。

 
 

この商品の
カテゴリー

更に幹事様をサポートしてくれるコンテンツはこちらから

  • 幹事様必見!盛り上がる景品はこう選べ!
  • プロのプランナー直伝!2次会までの段取り
  • これは抑えてください!2次会雑学
  • 楽しい!盛り上がる!景品スタイル店長矢嶋の「景品あれこれブログ」
  • 結婚式2次回の上手な進め方を伝授!
  • 盛り上がる系?協力系?2次会ゲームのご提案
ページトップへ