いつもお使いのAmazonアカウントでお支払が出来るようになりました

結婚式二次会の景品・ビンゴ景品なら景品スタイルへ > 2次会ゲームのご提案 > ビンゴ以外でも盛り上がれる! 結婚式の二次会おすすめゲーム3選

盛り上がる系?協力系?2次会ゲームのご提案

ビンゴ以外でも盛り上がれる! 結婚式の二次会おすすめゲーム3選

2018年6月18日

 

結婚式の二次会のゲームといえばビンゴゲームです。ただ、定番であるビンゴゲームに飽きてしまい、別のゲームも開拓していきたいとお考えの方もいるのではないでしょうか。今回は、結婚式の二次会のゲームの選び方や、ビンゴ以外のおすすめゲームを3点ご紹介します。

 

二次会のゲームはどういったものを選ぶべき?

 

結婚式の二次会は時間が限られている場合が大半です。二次会会場が披露宴場所から遠ければ、移動のロスタイムで二次会開始が遅れてしまうこともあります。ゲームは短い時間内でもやりやすいものを選ぶことがおすすめです。

ゲーム時間が短く済むほか、ルールがわかりやすく簡単であることも重要です。会場内の全員がゲーム内容を理解できなくては楽しめません。説明を一度聞いただけでゲームが始められる程度の難易度にしましょう。

結婚式の二次会は、新郎新婦の親しい方々が集まるフランクなパーティーになることが多くなっています。披露宴に出席した方でも、新郎新婦と満足にお話しできなかったという方も出てくるでしょう。歓談の時間を残して置けるよう、二次会の時間配分には気を配ることが大切です。ゲームだけでほとんどの時間が埋まらないように気をつけてみてください。

ゲームの際は、会場にいる全員が楽しめるよう配慮しましょう。新郎新婦も巻き込んで、一緒に楽しめるようなゲームを選ぶのがおすすめです。

 

簡単なようで盛り上がる! くじ引き大会

 

ここからは、二次会でおすすめのゲームを3点ご紹介します。まずはオーソドックスな「くじ引き大会」です。紙と箱さえ用意しておけば済むため、準備の手間もそれほどかかりません。

おすすめなのは、受付の際にゲストへくじ引きの紙を渡しておくことです。前もって参加者の名前がわかっているなら、名前を書いた紙を用意しておくと流れがスムーズになるでしょう。ゲストには、欲しい景品が決まったら自分の名前が書かれたくじを箱に入れてもらいます。箱は景品ごとに用意し、わかりやすいように景品の名前をつけておきましょう。もしくは景品をディスプレーし、景品の前にかごを置いても良さそうです。ただ、大きな景品は並べておくのが大変です。会場によっては置き場所がないこともあるでしょう。

景品スタイルであれば、場所を取る大きな景品は目録形式でお届けできます。景品当選者には目録を渡し、後日自宅に商品が届くように手配できます。景品スタイルの目録景品には特大パネルがついており、会場内でディスプレーすることが可能です。くじを入れるかごも、パネルの前に置いておくとわかりやすくなるでしょう。

全員がかごにくじを入れたらくじ引きを開始しても良いのですが、その前にもう一度チャンスタイムを設けてみましょう。倍率の高い景品を避けたい方やほかの景品に変えたくなった方は、くじを入れるかごを変更して良いことにするのです。もちろん、最初に欲しいと思った景品をずっと狙い続けても構いません。ゲストが選べるようにすることで、戦略性が生まれてゲームが盛り上がるでしょう。

 

新郎新婦への理解度チェック? ○×クイズ

 

新郎新婦と仲の良い参加者が集まっているなら、○×クイズもおすすめです。出題内容は新郎新婦に関するものにすれば、不正解だった方もふたりの新たな一面を知ることができて楽しめます。ただ、二次会では、さまざまなグループの方が出席します。ゲーム内容に一部の方しかわからない内輪ネタを盛り込むのは控えることがおすすめです。

○×クイズでの順位の付け方はいくつかあります。ひとつは勝ち抜け方式です。間違えた方から脱落していき、最後まで残った方から順番に景品を選んでいきます。ただ、この方式だと誰が正解して誰が不正解なのか把握するのが難しくなります。最初に全員起立してもらい、間違えた方から座っていっても良いのですが、クイズが長くなると立っているのが苦痛になってくるでしょう。男性も女性もふだん履かないフォーマルな靴を着用している場合が多いので、立ったり座ったりする回数はできるだけ減らしたいものです。

上記の勝ち抜き方式を避けたいなら、受付時に問題用紙と鉛筆を配り、歓談時間中に回答しておいてもらうのがスマートです。あらかじめ時間を伝えておいて問題用紙を回収し、テストのように丸をつけても良さそうです。ただ、その方法だと幹事側の手間がかかってしまう上、大人数の二次会には向いていません。

問題用紙を受付で渡してゲームの時間までに回答を済ませてもらい、予定の時間が来たら全員で答え合わせをしても良いでしょう。司会者が新郎新婦と掛け合いをしながら正解を発表し、ゲストに自分で丸つけしてもらいます。正解数が多かった方から景品を選べるようにすればクイズも本気で楽しめそうです。

 

テーブルゲームで運試し

 

見た目の面白さを求めたい場合は、剣を刺すと中身が飛び出るおもちゃを用意してみてください。剣1本につきゲスト1名の名前を書いておき、司会者か新郎新婦が樽に刺していきます。中身が飛び出たら景品がゲットできるルールにすれば、会場中がドキドキしながらゲームを見守れるでしょう。

最初にゲストに1本ずつ剣を渡しておき、ひとりずつ樽に刺していくのもおすすめです。この方法なら、小さいお子さまでも簡単にゲームに参加できるでしょう。

 

まとめ

 

ビンゴゲーム以外にも、○×クイズやくじ引きなど、参加者全員で楽しめるゲームは数多くあります。景品の中に豪華目玉商品があれば、ゲームもさらに盛り上がることでしょう。景品を用意する際は、何点か豪華景品を用意しておくことをおすすめします。

この商品の
カテゴリー

更に幹事様をサポートしてくれるコンテンツはこちらから

  • 幹事様必見!盛り上がる景品はこう選べ!
  • プロのプランナー直伝!2次会までの段取り
  • これは抑えてください!2次会雑学
  • 楽しい!盛り上がる!景品スタイル店長矢嶋の「景品あれこれブログ」
  • 結婚式2次回の上手な進め方を伝授!
  • 盛り上がる系?協力系?2次会ゲームのご提案
ページトップへ